海岸に流れ着いた海ごみを回収 ゴミの体積減らす実験も【愛媛・宇和島】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.07.30 14:03

宇和島市で、普段は立ち入れないような海岸に流れ着いたゴミを回収する作業が行われました。

けさ、宇和島市蒋渕で行われた海ごみの回収作業には、地元の漁業関係者など約100人が参加しました。
これは、瀬戸内海に面する愛媛県など4県と日本財団が連携して海ゴミ問題の対策を進めるプロジェクト「瀬戸内オーシャンズX」の事業として開催されました。
きょうは、海岸に漂着した発泡スチロール製のフロートなど大型の海ごみを効率的に運搬するため、ゴミの体積を減らす装置を使い、細かく破砕する実験も行われました。
参加した、愛媛県漁協うわうみ支所の島津造さんは、「これでやめずに来年再来年も続けてもらいたいと思います」と話していました。
日本財団によりますと、きょう1日で、約1トンのゴミを回収したということです。