伯方分校の存続を 島の未来へチャレンジ!【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2021.11.17 16:47

少子化に伴って愛媛県立高校の再編整備が進められていて、一定数の入学者を確保できない年が続くと、生徒の募集が停止となる可能性がある。

そんな中、存廃の岐路に立つのが、今治市伯方島の今治西高校伯方分校。入学者は、昨年度が21人、今年度は28人と学校存続の基準値31人を2年連続で下回った。来年度の入学者がその31人を下回ると、令和5年度の生徒の募集ができなくなる見込み。

そんな中立ち上がったのが島の人たち。島の学校を守ろうと、協議会を作り、「地域未来チャレンジ塾」というプロジェクトを始めた。学習環境を充実させることで学校の魅力をアップさせ、入学者の確保につなげる狙い。

地域未来チャレンジ塾では、芸能人や文化人、アーティストなど各分野で活躍する著名人を島に招き特別授業を行う。特別授業に招かれたMr都市伝説こと関暁夫さんは、生徒たちを前に「今治は、この日本列島の中心となっていくかもしれない。信じるか信じないかはあなた次第です!」と語った。

また学習環境の充実作戦としてオンライン学習サービスを導入。タブレット端末を使って学習アプリで勉強できる。

生活面でも島外からの生徒をバックアップ。島の老舗旅館が生徒たちの寮に、また女将が寮母として生徒たちの世話を買って出ている。

中学3年生の皆さん、伯方分校を選択肢のひとつに加えてみては?