子どもたちが郵便局の”裏側”を見学 松山中央郵便局開局150周年【愛媛】

この記事をシェア

  • LINE
愛媛 2022.08.04 16:02

普段見ることがない郵便局の“裏側”を見学。子どもたちの夏休みの思い出になりました。

きょう、8月4日に開局150周年を迎えた松山中央郵便局。松山市内の小学生や保護者ら35人が招かれました。

そして、明治時代の制服のレプリカを着たり、本物の郵便ポストのカギをあけて郵便の袋を取り出したりしました。

続いて、見学したのは郵便物を仕分けする機械です。1分間に500通を仕分けるスピードに子どもたちは驚いていました。

また、実際に暑中見舞いを書くことにも挑戦しました。最後は、現在の制服を着てバイクにまたがっての、記念撮影です。子どもたちにとって夏休みの特別な1日になりました。