大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
愛南町

RNB NEWS

テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS

平等院鳳凰堂と浄土院 関連イベント

関連イベント・キャンペーン

◆平等院展プレゼント企画第4弾

※こちらのキャンペーンは終了しています。

お土産コーナーで大好評の「抹茶チョコサンド&ほうじ茶セット」を2名様にプレゼント!
⇒詳しくは南海放送公式Twitterをご覧ください。

◆展覧会講座「平等院と文化財保護」

※こちらのイベントは終了しています。

講師:五味俊晶(愛媛県美術館・学芸員)
日時:2022年1月9日(日)14:00~15:30
場所:愛媛県美術館・講堂
参加料:無料

平等院は、様々な文化財とともに長い歴史を歩んできました。しかしながら、その道のりは決して平坦ではありませんでした。後世に「モノ」を伝えるため、平等院がどのような取り組みを行ってきたのか、ご紹介します。

◆南海放送twitterプレゼント企画・第3弾!!

※こちらのキャンペーンは終了しています。

◆南海放送twitterプレゼント企画・第2弾!!

※こちらのキャンペーンは終了しています。

◆南海放送twitterプレゼント企画・第1弾!!

※こちらのキャンペーンは終了しています。

 

◆記念講演会~神居文彰(かみい・もんしょう)(平等院 住職)

※こちらのイベントは終了しています。

日時:2021年11月3日(水・祝)14:00~15:30
場所:愛媛県美術館・講堂
参加料:無料(要事前申し込み。定員60名まで)

神居文彰(プロフィール)
1962年(昭和37年)、愛知県生まれ。1993年(平成5年)に平等院住職に就任。
現在、(独)国立文化財機構運営委員、文化庁・文化審議会調査員ほか。
『臨終行儀―日本的ターミナル・ケアの原点―』(淡水社)、『よみがえりゆく平等院』(学研ビジュアル新書)など著書多数。

◆レクチャー「数えて考える日本美術-百福の系譜」

※こちらのイベントは終了しています。

講師:五味俊晶(愛媛県美術館・学芸員)
日時:2021年12月11日(土)14:00~15:30
場所:愛媛県美術館・講堂
参加料:無料

「百福」(ひゃくふく)とは中国の言葉で、「たくさんの幸福」という意味。今回の平等院の展覧会と、どのように結びつくのでしょうか?数えることによって、新たな日本美術の魅力を発見できるかもしれません。

◆ワークショップ「螺鈿(らでん)細工風ストラップをつくろう」

※こちらのイベントは終了しています。

日時:12月5日(日)10:30~11:30、14:00~15:00
場所:愛媛県美術館・展望ロビー
参加料:材料費300円(要事前申し込み。定員各5名まで)

螺鈿(らでん)は、主に漆器などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。夜光貝その他の貝類を彫刻し、板状の素材を漆地や木地の彫刻された表面にはめ込んで、ストラップをつくるワークショップです。

ページトップへ