大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
全国高校サッカー選手権大会
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
ねっと部
NETBU
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS
MOTTO!!痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト

今すぐ南海放送ラジオを聴く!
radiko.jp

タイムフリーで番組を聴く!
radiko.jp

Twitterハッシュタグ #痛快J太郎

JXS(杉作J太郎または杉作J太狼XS)

MOTTO!!
~痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト~

毎週土曜 21:00-23:00 番組表

はがき:〒790-8510 南海放送ラジオ 「MOTTO!! 痛快!杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト」宛

メール:jt@rnb.co.jp

FAX:089-915-8888

1961年、伊予市生まれ。その後すぐ松山に移る。
1980年、進学で東京に移住。世田谷区桜新町で生まれて初めての一人暮らしを始める。アパートの名前は「なつめ荘」だった。
1982年、「笑ってる場合ですよ」のお笑い新人オーディションに合格。全国生放送でコントを披露。二日目に獲得点数0点で敗退もビートたけしさんに褒めていただいた。お笑いを諦めたわけではないが複雑な事情がありお笑いは封印、同年、漫画家デビュー。「月刊漫画ガロ」で漫画連載開始。数誌でコラム連載開始。

1986年から「週刊平凡パンチ」で編集者生活に突入。
1999年廃刊後、放送作家、映画俳優(石井輝男監督作品「ゲンセンカン主人」「無頼平野」「ねじ式」)、プロレス団体FMWゼネラルプロデューサー(対外的には解説者)、その他「タモリ倶楽部」「トゥナイト2」「ゴジラ対メカゴジラ」出演など経て2003年、男の墓場プロダクション設立、映画製作を開始。

2006年「任侠秘録人間狩り」「怪奇幽霊スナック殴り込み」の二本立てを製作、監督、そして同時公開。下北沢シネマアートンの動員新記録となる。映画「やる気まんまん」を監督後、2008年、吾妻ひでお初の実写化映画「チョコレートデリンジャー」クランクイン。製作は長期化したが2017年ついに完成。

2017年、松山シネマルナティックで公開。映画研究書、小説、雑文集、漫画など単行本著書多数。東映チャンネル放送委員。L.L.クールJ太郎名義のラッパー活動もあったがこれは引退している。
現在、第一回センチメンタルコリーダ映画祭(四国松山)の実現にむけて尽力中。杉作J太狼XS、杉作J太狼XSPは同一人物。

Fnam Fnam

ページトップへ