大三島
今治市
新居浜市
四国中央市
松山市
久万高原町
大洲市
八幡浜市
宇和町
宇和島市
御荘町
テレビ
TV
ラジオ
RADIO
イベント
EVENT
オンデマンド
ON DEMAND
アナウンサー
ANNOUNCER
ニュース
NEWS
プレスリリース

プレスリリース

  • 平成30年2月9日
  • AM・FMで非サイマル(別番組)放送 ~南海放送ラジオで全国初!~
  •  全国で初めて南海放送のAMとFMで異なる番組を放送する免許状が、2月7日付けで総務省から交付されました。

     通常、南海放送ラジオはAM(1116kHz)とFM(91.7MHz/91.2MHz)で同じ番組を放送しています。南海放送のFMは、災害時にAMを補完する目的で免許を与えられたFM補完局と呼ばれるもので、災害時にいかに地域住民の役に立つかが大きな使命です。

     南海トラフ巨大地震など大災害時には、日常よりも多様で、大量の情報提供が必要となります。そうした住民ニーズに応えるひとつの可能性として、技術的対応も含めてAMとFMで異なる内容の番組を放送するケースを想定し、下記の放送を行います。

     今回の免許状は、3月11日(日)22時30分からの1時間番組に限っての実験的な放送として交付されました。実験的な放送を通じて技術的な手順や課題、また、聴取者の反応や必要とされる放送内容などを調査します。今回の番組を通じて一層、FМの認知度を高め、非常時 の際、"聞いてもらえる"ラジオを目指します。

    【放送番組名・内容】
    放送日時:平成30年3月11日(日)22時30分~23時30分

    <AM放送> 番組名「Heisei earthquakes」
          (ヘイセイ・アースクエイクス)
    "平成"を巨大地震に見舞われた「大地震の時代」と位置づけ、
    スタジオに専門家を招き、学ぶべき教訓や、次の時代に必要な備えを考えます。
    【出演】永野彰子アナウンサー
        森伸一郎氏(愛媛大学准教授)ら
    永野彰子
    <FM放送> 番組名「妄想系防災特番『IF・・・もしも』」
    番組のターゲットを若者に置き、楽しく役に立つ防災特番を目指します。
    仮想ドラマを交えて、万が一の「もしも」の時にいかに備えるかを考えます。
    【出演】江刺伯洋アナウンサーら
    江刺伯洋

    [お問い合わせ先]
    南海放送広報視聴者センター 松本直幸
    電話(089)915-3819

ページトップへ